7月31日 旧住居引き渡し

今日は旧住居の引き渡し日。

引越日から今日まで10日以上余裕があったので、おかげさまで
残りの荷物を運んだり、お掃除にいそしんだり、いろいろできました。

しかし、、この10日間はやること満載でかなり疲れた~~(+o+)
かなりの猛暑日が多く、土日の片づけのお掃除ではTシャツが絞れる
くらい、汗だくだく・・
お隣さんが熱中症を心配し、2回も差し入れをいただいたり。(≧▽≦)

差し入れその1♪
DSC_0181.jpg

差し入れその2♪
DSC_0182.jpg


残った荷物を何回も往復して車で運んでくれたしゃあさん。
ホント――にありがたく、助かりました!!ありがとう♪ m(__)m
DSC_0162.jpg


皆様のご協力のおかげで、引き渡し日まで無事に作業完了。

さて、11時にオーナー代行の管理建設会社の営業と、リフォーム業者が来て
部屋をひとつずつ事細かにチェック。

予想はしていたが、あれこれ難くせつけて敷金から差し引こうとする。

営:「ここは10%借主さん負担で、ここも10%で・・・」
麻:「ちょっと待って。普通に生活していて付く汚れや経年劣化・自然損耗によるものはこちらの負担ではないはずでしょ?」
営:「いえでも皆さん10%は負担していただいてますんで。」
麻:「それは単なる慣習でしょ。こちらが払わなければならないという規則はないはずだけど?」
営:「じゃぁ逆に何になら払ってもらえます?(軽く逆切れ気味)」
麻:「こちらの過失で付けた落ちないシミとかは仕方ないけどね」

・・・と軽くバトルあり。結局。
シミをつけた床のビニールクロス(ダイニングと洋室)貼替100%+クリーニング代(46000円)負担で見積を作りますとのこと。
これでも10万円は超えるかなという算定。
でも最初に言っていた、あれもこれも10%負担させられるよりはトータル的にはずっと安くなるようだが・・

敷金は20万だったからそれを超えることはないものの、何となく納得がいかない。
クリーニング代だって本来は貸主の負担のはずなんだよね。それを借主に負担させるように契約書に特約で盛り込んでサインさせるのが腹が立つ。サインしないと住めないしね。

見積がくるのは2~3週間後とのこと。その前に国交省のガイドラインをもう少し勉強しておいたほうがいいかな・・
オーナーに内容証明を出せば敷金の戻り率が上がったりするようだけど、お金も時間も労力もかかる。
このヘンの見極めが難しい・・( ̄ー ̄)
スポンサーサイト

コメント

うんうん、うなずきながら読みました。
Secret

FC2カウンター

プロフィール

呑(のん)

Author:呑(のん)
近所の水元公園をこよなく愛する
アラフィフでございます♪(*^。^*)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク